岐阜って街は   

 僕は生まれも育ちも岐阜の茜部。30数年他の土地に住んだことはありません。大学も家庭の事情から名古屋の大学を4年間電車通学していました。(ちなみに名鉄ですけど)卒業後、地元の老舗工務店に勤めました。そのときも東京や大阪、まして海外で仕事をする縁もなく井の中の蛙でした。独立後、仕事の関係で都会に出向き少しですが外から岐阜を眺めることができました。さて岐阜ってどんな街なんでしょう。・・・
 建築の世界でしか話をすることができませんが岐阜の工務店は全国でもかなり優秀だと思っています。それは材料や技術だけではありません。心意気が特にすごいと思います。自分の技術に誇りを持っているし施主のことを考えて仕事をしています。古い家は必ずお抱え工務店があるのではないでしょうか。それぐらい岐阜は施主と工務店との信頼関係が出来上がっている街です。さらに工務店もパワーアップしようと自社開発もしています。最近Tホームがローコスト住宅で東海地方を攻めてきました。でもきっと岐阜では他の地域ほど実績は上げられないと思います。また施主もいい目を持っていますから間違いないでしょう。是非地元工務店(当社含め)を見直してください。結構いい仕事しますよ。  但し、全てがいいというわけではないのでよくよくチェックしてくださいね。すばらしい家が建つことを願っています。ではまた。
[PR]

# by naraya_k | 2005-08-23 15:02

悩める会社?   

 昨日、社員と神戸にあるオールウインサポートという会社を訪問しました。というのも当社のリフォーム部のスタジオイルフが壁にぶつかっているため少しでも解決できないかと思い突撃訪問をしちゃいました。朝一番に電話して事情を話したところ快く受け入れていただいて早速車で飛ばしていきました。場所は神戸の一等地。しかも打ち合わせは23階の社長室で神戸港が一望できるすばらしいオフィスでした。(少しヒルズのホリエモンの気持ちがわかりました)あいにく小浪社長はご不在でしたがスタッフの方と色々お話をしました。現在のリフォーム業界のこと。活躍中の会社さんのこと。皆さんそれぞれ頑張っていらっしゃいます。かなり刺激を受けました。帰る途中も社員と将来のこと、今抱える問題など話しました。きっといろんな先輩方もこんな感じで迷いながら歩んでいただろうなと感じました。また機会を見つけて今度は是非社長さんとお話、ご教授願いたいと思います。
[PR]

# by naraya_k | 2005-08-19 10:30

かなり怖い   

皆さんこんにちは!いかがお過ごしですか?早速ですが先日宮城県で地震がありました。昨年から大きめの地震が頻繁に起きています。建築業界にいる自分にとってもかなり深刻な事態だなあと感じています。少し前からいえば阪神、中越、九州、関東、東北、北海道と日本全国で地震は起きています。地震のの無い安全な地域は皆無といっていいでしょう。本当に怖いことです。だったらどうしたらいいのか・・・
 僕は大学の授業のなかで地震学は結構好きな方でした。(成績の良し悪しはべつにして)参考になるかどうかわかりませんが少し書きたいと思います。地震には大きく分けて横揺れと縦揺れがあります。二つは別物ではなく、地震が起きる際には縦揺れが起きてから横揺れするというパターンになります。また、震源地に近いほど縦揺れの影響があり遠くなるほど横揺れが影響します。さらに縦揺れは短時間に対し、横揺れは長時間ゆれます。一般的に横揺れは体験することがありますが縦揺れというのもかなり厄介なものなんです。いきなり足元がなくなる感じで落ちていくみたいと言われます。では建物はどうかというとどちらの揺れもありがたくありません。横揺れに関しては耐震、免震、制震(いずれ詳しく説明します)といった対策がとられていますが縦揺れに関してはまだまだ全体的に対策不足だと思います。今後の学者さんたちに期待したいところです。
 いずれにせよ地震に対して建物だけ丈夫にしても2次災害は自分で防がなければなりません。火の元の注意、家具類の転倒など日ごろから気をつけたいものです。最後に阪神大震災を経験した友人がこれだけは決めているということを一つお知らせします。家族、または会社の人に地震があった時にどこに集まるかを決めとくべきなんだそうです。地震が起きて自分が助かると周りのことが心配になります。かといって携帯も使えません。ですからみんなの安否を知るためにも集合場所は決めておくことが大切です。皆さんも是非やってみてください。
 とにかく地震、雷、火事、おやじにはくれぐれも注意しましょう。ではまた・・・ 
[PR]

# by naraya_k | 2005-08-17 12:39

久しぶりに書いちゃいます!   

いつも何を書こうか迷っているうちに時は経ってしまいました。
社員の人たちには いつもの感じが一番いい と言われてもいざとなると書けないものですね。
 さて、よくお客様に会社名について質問されます。確かに 岐阜なのになぜ奈良なの?とか 若いのに横文字にしないの?とか
 実はこの名前になったのはちゃんと理由があるんです。そもそも僕が独立をした数年前はリフォームと言えばお年寄りをメインにしたバリアフリー工事が主流でした。そのお年寄りのお客様が覚えやすいようにするために漢字の社名がいいと思ったのです。特に新参者でしたから古風で老舗的な名前の方が信用してもらえるんじゃないかと考えました。では、なぜ奈良屋かというと・・・
 僕は日本の歴史が大好きで特に戦国時代と幕末にはちとうるさいです。その歴史上の人物で岐阜といえば国取り物語の斉藤道三が有名でしょう。彼が美濃(岐阜)に来る前は京都で油商人をしておりました。そのときの屋号が「奈良屋」なんです。彼は武士だけでなく商人としても才能がありとても尊敬に値する人物です。彼のようになれるかどうかわかりませんが少しでも近づけたならと思い名前をつけました。今では僕の名前よりも「奈良屋さん」と呼んでいただけるようになりこれまで続けてこられたのもご利益があったのかなあと感謝しています。
 始めてブログを書かせてもらいましたが少しは興味を持っていただけたでしょうか。次回はまた面白い話をしたいと思います。ではまた。
[PR]

# by naraya_k | 2005-08-08 18:40

はじめまして   

みなさんはじめまして!社長の伊藤です。
会社であったことや建築の小話など、これから定期的に公開していきたいと思います。
おしゃべりは好きですが、文章を書くのは結構照れくさいですね。
そもそも友達とのメールでは一言集のようなことしか書きませんし、学生時代の国語の成績なんてジョギングしたくなるような数字でしたから。。。
そんな僕がブログを書こうだなんて、思い切ったものです。
とりあえず、僕という人間と奈良屋建設という会社を分かってもらえるよう努力していきますので、みなさんも肩の力を抜いて楽しんでください。
あ、あと、あくまで「店主軽薄」ですから、僕の目線で感じたことや僕のレベルで学んだこと程度のブログです。
誤解や間違いがあった場合は優しく教えてください。

まあ初回ですからこれくらいにしておきます。では後日。
[PR]

# by naraya_k | 2005-06-27 12:44