「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

訃報です。。。   

ホントは書こうか迷ったのですが・・・

先日、僕の友人であるMさんが癌でお亡くなりになりました。

Mさんは僕がやっているバンドのメンバーです。

Mさんとは今年に入ってからギタリストとして参加してもらいました。

突然の訃報にメンバー全員が驚いて絶句してしまいました。


Mさんは昨年の5月に会社の健康診断で糖尿の疑いがあるということで

精密検査を受けました。

すみずみまで調べた結果、膀胱に黒い影があったそうです。

年齢的に若いこともあり早期治療で治療をすることになりました。

治療の甲斐もあって膀胱の癌は治癒に向かい社会復帰のリハビリを始めました。

しかしまだ会社に戻ることは出来ないので自宅療養となったのです。

その頃に知り合うことになるのです。


実はMさんはとてもギターが上手でした。

若い頃(20代前半)にはギターで飯を食うと志し、東京へ行ったとか・・・

練習で何度か腕前を見ましたが正直あんなに上手い人は見たことがありません。

むしろ他のメンバーが「追いつけねえええ!」って焦ってました!

「こんな感じが良いなあ」とか「もっとクールな感じで」といった

抽象的で無理な注文にも即興で答えてくれるほど!

人間的にもシャレの分かる人で面白く、決して怒らない人でした。


そんなMさんの容態が変わったのは7月頃。

月に一度の練習にも出てこられないほど体調を崩していました。

結局癌が転移していて大好きなギターが持てない様になっていました。

そして8月23日。ついに帰らぬ人となってしまったのです。


Mさんの同級生でメンバーの1人であるWさんがお通夜のときにみんなに話してくれました。

Wさん以外のメンバーは体調が悪いのは知っていましたがここまでとは知らなかったのです。

Wさんが気を使わせないように、そしてMさんが必ず復活すると信じていたので

最後まで秘密にしていたんです。

Wさんによれば自宅療養中はいつもバンドのこと話していたそうです。

「あのコード覚えたよ」
「こういう風にアレンジしたら面白いよね」
「新しいアンプ買ったんだよ」と。

8月21日にリーダーから次回の練習予定のメールがありました。

Mさんからの返信メールには

「9月の練習には必ず行くから!」

と書かれていました。

実現はできませんでしたが・・・


Mさんのようなプロ並の腕を持っている人にしたら

僕らのような素人と一緒にするのは嫌だろうと思っていましたが

むしろすごく喜んで真摯に取り組んでくれたことはすごく嬉しかったです。

もう一回Mさんと音楽をやりたかった、Mさんのギターをもう一度聴きたかった。

僕を含めメンバー全員の願いは叶わぬものとなりました。


享年45歳。とても早すぎる死ですが

Mさんの音楽を楽しむと言う気持ちはこれからも続けていこうと

メンバー全員で誓い合いました。

Mさん今まで本当にありがとう!

そしてゆっくり休んで大好きなギターをかき鳴らしてください!

ご冥福をお祈り申し上げます。




寂しい報告と言うか悲しい話ですみません。

ドラマのような本当の話です。
[PR]

by naraya_k | 2008-08-28 00:35

インターンが終わりました!   

先月よりインターンシップに来ていました伊藤君。

8月22日をもって終了いたしました。お疲れ様でした!

彼も僕自身も初めてだったので緊張しましたが何とか無事に終えることが出来ました。

奈良屋建設がインターンを受け入れるに当たって

「どんなことをしてもらおう???」と悩みました。

アルバイト感覚でお手伝いしてもらうのもちょっと・・・と思い、

せっかく建築業を勉強しているので一番やりがいがあって面白いプラン作成とプレゼンをしてもうらおうと考えました。

かといっていきなりお客様のプランは難しいので今回は

「奈良屋建設の事務所を来店型スタジオにリフォームする」という課題を与えました。

彼自身そんなことは見たこともやったこともないので基本的なことから教えましたが

悪戦苦闘しておりましたね。

途中まで作ったのに「そんなの普通やね。全然ダメ!」と言われて

何度も作りなおしておりました。

で、こんな感じで発表会!!

e0010155_1292492.jpg


彼が考えたプランはコチラ!

e0010155_12112895.jpg


e0010155_12114463.jpg


実はこの発表はビデオ取りしまして

学校の先生とご両親にDVDにしてプレゼントしようと考えております。
(本人は超恥ずかしいと言っておりましたが 笑)

たった10日間ほどの研修でしたが少しは社会人の気分が味わえたのではないでしょうか!


今回インターンを受け入れて思ったことは建築云々よりも

社会人としてのマナーと言うか常識などを事前にやった方がいいと感じました。

挨拶の仕方、電話の出方、話し方などなど。
(僕自身19、20歳の時には出来てませんが)

学校側は企業に何を求めているのかよく分からないのですよ。

特に短期の場合マナーを教えているだけで10日間程かかってしまうので

肝心の建築の仕事を体験させられないで終わってしまうのではないかと。

他社では図面のトレースで終わってしまったりしたそうです。

奈良屋建設としては来年も受け入れて行きたいと考えているので

是非学校側も学生のために考えていただきたいです。

業界低迷と言われている昨今、建築に夢をもってくれる人たちは業界の金の卵ですから!

大切に育てて行きたいですよね!

と言うことで「金の卵」と慰労会!

e0010155_1242385.jpg


これからも頑張ってください!
[PR]

by naraya_k | 2008-08-25 12:45

K様邸リフォーム!   

先月リフォーム工事しましたK様のお宅です。

かなりの大型リフォームをいたしました。

完成しましたのでご紹介したいと思います!
(近々トップにも掲載いたします)

まずは施工前

e0010155_0495198.jpg
e0010155_050538.jpg
e0010155_0501827.jpg
e0010155_0503034.jpg


そして完成がこちら

e0010155_051528.jpg
e0010155_0511946.jpg
e0010155_0512888.jpg
e0010155_0513814.jpg
e0010155_0515067.jpg
e0010155_052299.jpg
e0010155_0521785.jpg
e0010155_0522545.jpg


ほぼ同じアングルで撮りました!

写真の撮り方が下手なので実際の感じが上手く伝わらないかもしれませんが

実際はかなり使いやすくなっています。

お客様の希望で目立ったデザインはありませんがかなり機能的に改装しました!

今回のテーマは今までの生活スタイルを変えないでリフォームすることでした。

凝ったデザインやオシャレな空間はどうしても生活リズムを変化させてしまいますが

永年営んできたリズムを変えることはなかなか難しいことです。

本来リフォームとは不便さを解消することです。

ある意味今回はリフォームの基本に立ち返ったものだったと思いました。

いかがでしょうか?
[PR]

by naraya_k | 2008-08-21 01:07

夏休みの宿題!   

今回のお盆休みの中で家族から宿題が出されていました。

それは5年前に作ったウッドデッキの塗装です。

前回のお客様のところで屋外用の塗料が余っていましたので

それを使ってDIYしてみました。

塗る前がこんな感じ!

e0010155_1836126.jpg


随分色あせています。

で使った材料と道具がコレ!

e0010155_1837295.jpg


もちろん自然塗料系です。

コレの特徴は通常塗料と言うのは薄め液が80%を占めるのですが

顔料が濃い!そのため1回塗りでいいことと持ちが良いことです。
(但し若干粘性が高いので塗りにくいですが・・・)

一応コレでも建築屋さんの端くれなのでちゃんと養生しまして

e0010155_18405822.jpg


早速塗装開始!

予想では午前中には片付くと思っていたのですが

e0010155_18421963.jpg


いやはやしっかり一日かかってしまいました。。。

で、こんな感じで完成!!

e0010155_1843584.jpg


手前の方が塗れていませんが・・・

材料が足りなくなってしまいまして・・・

とりあえずここまで!盆が明けたら最後まで仕上ます!

フェンスに時間がかかってしまいました。

普段は職人さんの仕事を見るだけですがやってみると難しい。。。

やっぱりプロは違うね。職人さんには脱帽です!
[PR]

by naraya_k | 2008-08-19 18:54

同窓会!   

いつもたくさんの方にご来店頂きありがとうございます。

さてこのお盆休みの一大イベント!高校の同窓会に行ってまいりました。

18年ぶりでございます。

総勢100名前後の同級生たちが集いました!

いやーーーーーナツカシーーーーー!

僕自身卒業以来始めての同窓会でしたのでワクワクしておりました。

当然のことながら卒業アルバムを引っ張り出して予習復習していきました!

時間になるまでは「みんなどんな風にかわったかなあ?」と思っておりましたが

どの子も顔を見れば思い出すと言った感じ。

男性陣はそれなりに(僕を含めてポッチャリしていましたが・・・)

女性陣はそれはそれは綺麗になっておりました!

恩師の姿もあり「あの時は大変失礼いたしました!」と頭を下げっぱなしで・・・


当時僕たちの学年は500名ほど在籍していました。

その中で100名ですので実際もっと会いたい人もいましたが

また5年後に開催するということで次回はさらに期待したいと思います。

今回嬉しかったことがありました。

と言うのは当時あんまり仲がよくなかった友達と普通に会話が出来たことです。

学生時代は今以上に我がままぶりを発揮して衝突することも少なくなかったのですが

歳を重ねて和解することが出来ました。

誤解と言うことでもないですがなんとなく気まずかった関係も修復できたのは

この同窓会のおかげでしょうね。

さらに普段は仕事関係で人間関係が成り立っているためなかなか素の自分を開放できない

モノですがなんのしがらみもない友人たちと言うのは

これから歳を取るに連れてとても大切だと言うこと。

なかなか腹を割って話せる人って少ないですからね。

是非次回も参加したいと思います!
[PR]

by naraya_k | 2008-08-19 00:34

お盆でございます。   

書中?残暑?お見舞い申し上げます。

えーーーっと前回書いたのはインターンのことだったかな?

えーーーっとあれから色々ありまして

ブログのネタになることもたくさんあったのですが

何から書こうと迷っているうちに休みになり、そして明日から働くと言うことになってしまいました。

K様という現場も終わりましたのでそちらもアップしたいと考えていますが

なかなか手につかず・・・ごめんなさい。

でも今月中にはトップに載せられると思いますのでこうご期待!!

さて、本日は何を書くかと申しますと

我が家の愛犬「アービー」のことを書きたいと思います。

実は・・・





悲しい・・・




8月の14日  朝9時頃




突然のお迎えがやってきました。




そう。亡くなったのです。

彼が我が家にやってきたのは11年前。

当時結婚2年目でしたが子供が出来ないというのもあり

犬を飼うと言うことになったのです。

ペットショップにいって一番可愛いゴールデンレトリバーを飼いました。

それが最初の出会いでした。

この11年間、とても彼には救われました。

友達にも家族にも打ち明けることの出来ない悩みや苦労を聞いてもらうこともありました。

いつも彼は優しい目をして僕を慰めてくれたのです。

いつの頃からか子供のような感じから親友のような感覚になっていました。



今にして思えばもっと遊んであげたかった。もっと世話をしてやればよかったと悔やむこともたくさんあります。

しかしあまりにも突然の死でいまでもゲージを見るとまだそこに上目遣いの彼がそこにいるような錯覚を起こします。

もう天国には着いたでしょうか?

そっちでは心置きなく走り回っているかな?

11年と言う短い間だったけれど本当にありがとう。

またいつかどこかで逢えたらいっぱいいっぱい遊ぼうね!

本当にありがとう。




湿っぽい文章でごめんなさい。

次回は同窓会を書きたいと思います。
[PR]

by naraya_k | 2008-08-17 23:00