<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

大阪から帰ってまいりました。   

今回もたくさん勉強してきましたよ。

「費用対効果」

なかなか奥が深い。

簡単に言うと

いくら使っていくら稼いだ?

って事なんですが

これをどんどん発展させていくと

いついくら稼げる になり

どうやったら効果的? となり

最終的には 1年の計算まで出来てしまうわけですよ。

もちろんすぐに効果が出るものではないですけど

こんな風にちゃんと考えて会社は経営されていくんだなと思いました。

そう思うと今までは下手な鉄砲を見当はずれに打っていたなあとつくづく反省。

ちょうど今期ももうすぐ終わり。

来期はキチッと計画立てて実行あるのみ。


追伸:なんとミクシイに登録しました。

   是非覗きに来て下さい。
[PR]

by naraya_k | 2006-09-22 17:30

先週はめっちゃ調子悪かってん   

「なんで大阪弁?」

そうなんです。調子が悪くて悪くて・・・

寝不足なのか疲労なのかなんだか良く分かりませんが

1週間損した気分です。

で、ブログもサボってしまいました。

でもこの三日間でちょっと元気を充電しましたから

頑張っていきたいと思います。

さて、またまた明日からAWSの研修に大阪へいってまいります。

今回のテーマは「費用対効果」

イルフも色々とチラシやら広告など活動をしていますが

イマイチ反応がない。

そんなことをどうやっていくかを勉強してきたいと思います。

どんなことに気付くか楽しみです。
[PR]

by naraya_k | 2006-09-18 17:16

そろそろ寿命みたいです。   

伊藤さんちの洗濯機がとうとう壊れてしまいました。

お袋によりますと15年ぐらいだそうです。

まあよくもった方ですよね。

洗いはいいらしいんですが脱水は止まってしまうんです。

ということで近所の家電屋さんに行きました。

最近の洗濯機はすごいですね。

普段から家事は奥さんにお任せの僕ですから

洗濯機や冷蔵庫やら電子レンジやらの進化の具合に驚きです。

乾燥機一体があるし半乾きもあるし「へえ~!!」状態。

結局東芝の8㌔のものを買いました。

新しい彼がやってくるのは1週間後です。

楽しみ 楽しみe0010155_15281343.jpg
[PR]

by naraya_k | 2006-09-09 15:28

裏金問題   

今日ネットのニュースを見ていたら

魅力的な市町村のランキングが出ていました。

最も魅力的な街は 札幌市

続いて 神戸市 函館市 横浜市 京都市 という順位。

岐阜県は 高山市が35位 飛騨市が53位 下呂市が56位で

僕が住んでいる所岐阜市は・・・100位以下でした。

別にランクが上だから良い とは思いませんが残念です。

そういえば最近裏金問題で巷をにぎわしていますし

ちょっと前も善商の産廃問題もありました。

そりゃイメージ悪くても仕方ないです。

僕たち若い経営者仲間は真面目で熱くて面白くて・・・

いいメンバーが増えてきてるのに

「お上」は何やってんですかね。

もっとしっかりちゃんとしてください。

僕らは裏金を作るために税金払ってないんですよ。

以上 岐阜市民の代表でした。
[PR]

by naraya_k | 2006-09-08 18:15

9月に入り・・・   

只今イルフの模様替えをしています。

先日勉強してきたことを活かすようにしていますが

飾りつけにもちょっと考えて工夫したりしています。

どんな風に変わってきたかというと

まず文字が増えました。

いわゆるPOPであったりお客様からの手紙だったり・・・

これも単語の羅列から文章になりました

文章になると無味乾燥の言葉に心が入りました。

そして写真も増えました。

これまた商品写真ではなく人の顔がある写真。

人の写真があると暖かさが伝わります。

その他に音楽や映像などなど

まだまだ途中ですがお金をかけないでも

十分表現できるんですよ。

結構驚きですね。

かといってあまりごちゃごちゃしてもいけないので

バランス良くレイアウトしなきゃね。
[PR]

by naraya_k | 2006-09-02 18:23

防災記念日です。   

9月1日は防災記念日。

別に学校は休みにはなりませんが・・・

でもとっても重要な日ですよ。

台風、地震、カミナリ、家事、手伝い・・・(あれ?)

とにかく日頃から災害には対処できるようにしとかなきゃいけません。

この間、大阪研修中に自宅近くにカミナリが落ちました。

うちのカミさんからメールで

「家にカミナリが落ちてテレビが全部壊れちゃったのよおおおお」

と悲痛な叫びが届きました。

結局、テレビのブレーカーが上がっただけで簡単に直ったそうですが

自分は大丈夫でも家族皆がいいかは別ですね。

災害で僕が死んじゃったら内の残りの人間は

何もできなくなってしまうんじゃないかな。

こういうことは常に家族の会話のテーマにした方がいいです。

そう感じました。
[PR]

by naraya_k | 2006-09-01 19:03