「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

今年最後の・・・   

書き込みをさせていただきます。
 昨日は事務所の大掃除をいたしました。といってもイルフは事務所の模様替えもして頑張ったようですが本社と言えば・・・ちょっと綺麗になったぐらいかな。明日もう一度掃除しなおしです。で、今年最後のお説教をして締めくくりました。社員にとっては最後までウザイ社長だなと思われたかもしれません。・・・反省・・・
 いつも締めくくりになると思い出すことがあります。それは1年前の自分と今日の自分はどれだけ成長、進歩したかということ。人間は必ず成長します。いい意味でも悪い意味でも必ず成長します。成長度合いに個人差があるだけ。皆さんはどれだけ成長しましたか?少しでもなりたい自分に近づけましたか?僕はというと・・・やや満足と言う所でしょうか。足りない部分と言えばメンタルな部分ですね。もうちょっと社長らしくなりたいと思います。
 ブログを読んでくださった皆さん。ご愛読ありがとうございました。また来年も続けて軽薄さの無い「店主軽薄」を見てください。よろしくお願いいたします。
[PR]

by naraya_k | 2005-12-30 22:02

2005年最終週!   

 いよいよ今年も後1週間となりました。泣いても笑っても怒っても踊っても・・・刻一刻と今年が終わろうとしています。皆さんはいかがでしたか?
 奈良屋建設も色々ありました。今年のスタートはイルフはどうなるんだ?と思っていましたが終わってしまえば何とかなるもんだなという感じです。そうですね一言で言うなら「出会い」でしょうか。もちろんお客様との出会いもそうですが一番はスタッフですね。何年か前に「奈良屋は個人事業でなく企業になる!」と決心しました。ようやくその形らしきものがボヤっと見えてきたような気がします。少しづつですが確実に前に進んでいます。今はやっててよかったなあというのが本音です。来年も着実に進んでいきます。皆さん応援よろしくお願いしますね。
[PR]

by naraya_k | 2005-12-26 22:55

雪の降る夜は・・・   

 最近はテレビも年末らしく特番が多いですね。でも映画の2時間は飽きないけど特番の2時間は飽きてきてしまいます。で、やることもないので早く寝るわけですがなかなか寝付けません。皆さんはどうしてますか?僕は本を読みます。ということで今日も本を沢山買ってきました。(漫画も入ってますけど・・・)今日はその中で一つご紹介したいと思います。本の題名は「親力で決まる!」です。親という字があるだけに教育系ですがかなり面白いです。例えば実践的な部分でいうと「地図はテレビの横に置け」と言うんです。テレビで海外の綺麗な映像が出てきた時すかさず地図を開く。すると国の名前や場所が自然と頭に入る。・・・らしい・・・そんな内容から子供との接し方まで載っています。仕事が忙しくて子供と接する機会の無いお父さん。躾は母親に任せているお父さん。一度読んでみてはいかがですか?僕も実践してみたいと思います。皆さんもいい本があったらご紹介ください。これからも紹介していきます。
[PR]

by naraya_k | 2005-12-22 23:18

またまた   

来年から新しいスタッフが仲間入りする予定です。昨日面接にやってきました。以前からよく知った人ですが奈良屋、イルフをさらに活気つけるでしょう。楽しみです。
 さて忘年会のことを少し。大雪にもかかわらずほぼ皆さんが出席してくれました。皆さんありがとうございます。内の業者さんもここ数年は固定されてきました。みんな若くていい男ばっかり。よくこんな我がままな会社に付き合ってくれてるなあと感心します。これからもお仕事沢山依頼しますからよろしくね。
 もう一ちょ。昨日会議の後、吉田君の提案でディベートをやってみました。営業するにあたりトークの勉強ということで。テーマは「ケーキに生クリームは必要か否か。」一人1分で2対2にわかれてやりました。結構面白くて思わず笑ってしまいました。今度は僕も参戦しようかな。皆さんも是非いかがですか?
[PR]

by naraya_k | 2005-12-20 11:32

今更ながら   

実は当の本人も忘れていたんですが12月14日をもって奈良屋建設は5周年を迎えました。パチパチパチ  日々色々なことに追われこんな大事なことを忘れるなんて余裕のない証拠ですね。特に何かキャンペーンとかは考えてないですがイルフ5周年はお客様にご恩返ししたいと思ってますのでよろしくお願いいたします。ちなみに平成20年の1月10日です。
 さて今日は忘年会なんですが記録的な大雪だそうで・・・中止にするか延期にするか迷ったんですが食事会はすることになりました。でもボーリングする予定でいたので景品買っちゃったんですよね。ジャンケン大会でもしてあそぼかな。ではそろそろ時間なので行ってきます。
[PR]

by naraya_k | 2005-12-18 15:39

ちっちゃいです。   

今年最後の出張から帰ってまいりました。いやー疲れました。オーダーキッチンのDFKの研修後、忘年会があり2次会ではのどをつぶしてきました。大勢の経営者さんとお会いしましたが入学試験のとき周りが賢く見えるのと同じで自分がちっちゃく見えてしまいますよ。みんな迷いとか悩みとか言わないんだもん。そりゃだれでも持ってるんでしょうけど愚痴らないもんね。たいしたもんだ。僕なんかすぐに弱みみせちゃうもんね。反省です。
 そして今日東京に行ってシップ(ソフトウエアの会社)さんと会いました。すっごくいい会社です。何がいいってもちろん商品もいいんですが社風がいい。みんな仲良くて社長を中心にまとまってて生き生きしてる。内もああなりたいって思っちゃいました。っていうか絶対なりますよ。内の社員いい子でできる子ばっかりだもん。後は社長がしっかりするだけ。ああまた愚痴っちゃった。今日は自虐ネタだあ。
[PR]

by naraya_k | 2005-12-16 20:44

今年最後の・・・   

出張です。明日から泊まりで横浜です。今年は後半から出張が立て続けにあり嫁さんから「楽しそうでいいね」と軽く嫌味を言われています。確かに色んな人に出会えたり、街(都会)に行って見たりすることはすごく楽しいんですけど嫁さんや子供を連れて行くわけにはいかないので我慢してください。その代わり来年は利益がでたら社員旅行にでも行きたいのでその時は連れて行こうかな。
 皆さんは社員旅行はどこへ行きましたか?どこへ行ったか教えてください。リフォーム関係者でなくても結構です。来年の参考にさせてください。まあ内の社員は布団とお酒があればどこでもよさそうなんですけど・・・(笑)。
[PR]

by naraya_k | 2005-12-14 23:39

チーム   

 今日の夕方、お客様からクレームがありました。すぐさま当時担当していたスタッフと僕はお客様のもとに飛んでいき原因を突き止め、そして丁重にお詫びしてきました。もちろんやり直し工事も約束してきました。幸いにもご理解がいただけて大事には至らなかったわけですが。今後は失敗が無いよう努めていきたいと改めて反省しました。担当したスタッフも大変恐縮し深く反省した様子でした。
 失敗は絶対にあってはならないのですが僕たちは人間なので注意を払っていても起きることがあります。そこで大切なのは問題の対処の仕方と次に同じ過ちを繰り返さないことです。そう思って担当者が事務所に戻るまで全員待機させ、みんなに事後報告させました。そして担当者が遅れた仕事を分担させチームとしての意識を持ってもらいました。一人一人の力なんて大したことはありません。完璧な人間なんていないんですから。みんなでフォローしあいましょう。絶対に自分ひとりで背負い込まないでください。助けてもらったら今度は助けてあげればいいんですから。そうやってお客様にいいものを提供しましょう。チームを信頼して頑張っていきましょう。
 最後にお客様へ 最高責任者としてお詫び申し上げます。必ずお直しすることを約束いたします。ありがとうございました。
 
[PR]

by naraya_k | 2005-12-12 23:12

感想文2!   

 ちょっと間が空いてしまいました。感想文の続きにいきます。
 第2の共通項として「山」があります。僕は毎年夏に御嶽山に登ります。しかも泊まりで。結構大変なんですよこれが。大勢のみんなと行くんですが高山病になる人もいたり、天気が崩れて引き返したこともあります。何しろ登山は大変なスポーツです。結構ビジネスとか人生とかに例えられますもんね。僕が登山する時に思うことは人って自然の前ではちっぽけな存在だということ。そしてそんな自分の悩みなんてもっとちっちゃいなってことです。そんな感覚を体験できるのは意外にも「山」しかないのかもしれませんね。皆さんも是非いかがですか?
 最後の共通項は「夢」です。実は僕の将来の夢は「将来の経営者を創ること」なんです。苦労はしてますが奈良屋も6年目をむかえることができました。お客さんや業者さん、スタッフ、他いろんな方の暖かいご協力の賜物と感じています。正直、この年齢で色んな体験をさせていただいているのはありがたいことです。ですからいつかこの貴重な体験を使って世間の皆様に恩返しをしたいです。もちろん奈良屋もイルフも発展途中ですしこれからもっと成長しなければいけませんが10年、20年先にはそういう活動をしたいと思ってます。
 まあそんな簡単にはいかないでしょうし夢はかなく散ってしまうかもしれませんがこれからもご愛顧よろしくお願いします。
 以上を持ちましてはなはだ簡単ではございますが感想文とさせていただきます。
ありがとうございました。
[PR]

by naraya_k | 2005-12-10 00:00

感想文!   

 本日AWSよりアーバンベネフィット社の木村勝男会長の本が届きました。ビジネス書かなあと思いきや、なんと自叙伝でした。中身も読みやすく3時間ほどで読んじゃいました。で、感想はというとかなり共感しました。と言うのは共通するところが多いのです。特にあげるとすれば父親、山、夢です。ではまず父親について。
 実は僕も片親なんです。僕の場合は僕が5歳の時に父親が37歳で亡くなりました。当時、祖父と祖母も同居していてさらに自営業をしてましたから木村さんほど貧乏を経験したことはありません。けれども決して儲かっているわけでもなく祖母も病気で目が見えませんでしたから生活は苦しい方でした。子供の頃、ファミコンが全盛期で周りの友達はみんな持ってたんですが祖父の内職姿を見て言い出せずにいた自分を覚えています。(ちなみに20歳になった時自分でスーファミを買いました。)少年期は理想の父親像を求めて本や、漫画でどんな父親がいいかなんて思ってました。一番なりたい父親は漫画ですがジョージ秋山の「はぐれ雲」。今でもああなりたいと思ってます。(是非お勧めです。)
 長男と言う所も似てて、内の母親はそういうことは厳しく「跡取りなんだからしっかりしなさい」とか「家族を養うのよ」なんていってました。だから育った年代は違うけど同じような躾を受けてます。で、何が言いたいかというと無いものへの憧れとそうならなければいけないというプレッシャーは(若干のコンプレックスは持ちますが)大きなエネルギーになるということです。生きてかねばならない、しっかりしなければならない、食わしていかねばならない、が今の僕を形成してきたんです。まあ簡単に言えば苦労したってことですよ。(笑)全然自慢にもならないので話したこともありませんけど。ただ今の自分があるのはこの試練のおかげだと思ってます。そのあたりが一つ目の共感です。
 長くなったので後の二つは明日書きます。
[PR]

by naraya_k | 2005-12-09 17:57