<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

AWS様ありがとうございます。   

 感激!このブログがAWSのサイトに紹介してもらえちゃった。なんだかこんな小さな会社でもちゃんと扱っていただけるとはありがたい話だね。と言うことはこれからは色々な方々に見ていただけるわけでちょっと緊張するなあ。まあ僕なりのことしか書けないけど今後ともよろしくお付き合いくださいませ。

「AWS小浪社長のリフォーム業界の夜明けは近いぜよ!」
 
ページ左側のブログ一覧に載ってます! 
[PR]

by naraya_k | 2005-10-28 14:08

9周年!!   

 私事なんだけど昨日は結婚記念日。もう9回目なんだなあこれが。ちなみにその前の日は嫁さんの誕生日。アニバーサリーが続きます。かといって特に何かすることも無く一応ケーキなんぞ買ってきて簡単にお祝いしました。まあ一番喜んだのは娘でありましてただケーキが食べられることに大ハシャギ。口の周りをベタベタにしながらニコニコしてましたわ。とりあえず色々あった9年ですがまだまだ迷惑かけると思いますのでよろしくお願いします。ペコリ。
[PR]

by naraya_k | 2005-10-27 14:50

ニート   

 先日、NHKで「働く」ということをテーマにディスカッションしていた。若い世代とそうでない世代とに別れて色々議論していた。「働く」と言うことは生きがいであったりお金であったりさまざまな人が発言をしていた。中でも終盤に盛り上がっていたのは若い人たちへの社会的支援が必要かどうかという点だ。特にここ最近ではニートと呼ばれる人たちが80万人を超えている。原因として不景気のせいと言う人もいたり、社会が悪いといったり、なりたい職業がないといったり・・・。確かにバブルの頃は定職率も良かったし仕事があふれて人不足だった。じゃあ景気を良くすれば問題は解決するんだろうか?僕は決してそうじゃないって思う。バブル崩壊を体験し、怠惰な会社は倒産し、本当の意味での競争社会(資本社会)がスタートした。ニートと呼ばれる人達はその移り変わりの速さに対応できなかったんじゃないかと思う。もちろん当時子供だった世代はそんな対応策など身に着けていないし、誰も教えてくれないから立ち止まる子もいるだろう。だからこそ社会的支援はそういう子たちに資本主義社会の夢と現実、挫折感と達成感を教えなけりゃいけないんじゃないかな。「自立」という本当の意味を理解させ教育していけば今時の子供たちはきっと働く楽しさを知ってくれるに違いない。そうすれば景気回復も自然にできる。そうなんだよね。楽しさとともに厳しさも教えなきゃダメだよね。自分も親になったから考えないとね。と感じたテレビでした。
[PR]

by naraya_k | 2005-10-24 23:34

脱皮   

 今まさにイルフも含めて奈良屋が大きく変わろうとしている。何が変わるのかと言うと、ロゴが変わった。会社案内も変わった。いわゆる販促が新しくなった。それだけではない。人事も変わってきた。今まで営業と言えば社長だけだったがこれからは社員がするようになる。人もこれからはどんどん入れていくつもり。いったいどうしちゃったんだろう?
 日本全国リフォーム業界が大変革している。テレビでリフォームが有名になってきてからリフォームが営繕から脱却してきた。つまり大きな市場となってきた。僕が奈良屋を始めたころはバリアフリーを中心とした営繕が主だった。しかし世の中はかっこいいものを求めてきた。まさに僕がやりたかったことに波が来た。ウエーブ、スタジオコア、リニュアル、レオック、オクタ。時代の中心を担っている。岐阜はまだまだ遅い。岐阜で一番のリフォーム店になりたい。そんな夢がふつふつと沸いてきた。社員のみんなには迷惑をかけるかもしれないがそんな夢を一緒に実現したい。それだけの素質のある社員がいる。みんな一緒にがんばっていこう。そういう転機が訪れたのだ。
 今期の決算を迎え来期への抱負を語ってみた。みんな頑張ろうね
[PR]

by naraya_k | 2005-10-21 01:05

昼寝とおやつ!   

 最初のころと比べ建築ネタではなくなりつつあるこのブログ。ちょっとづつ軽薄さが出てきたかな?
 さて、先日現場にて休憩中に施主様からいただいたお菓子をつまみながら大工とこんな話をしていた。
 大「おやつと言うのは日本人の風習でヨーロッパにはおやつなんてないらしいぞ。」
 僕「じゃあケーキとかはいつ食べるの?」
 大「デザートって言うくらいだから食後だろ。」
 僕「ふうん」
 大「そんでおやつが無い代わりに昼寝を2時間ぐらいとるんやと」
 僕「シェスタっていうもんね。」
 大「そうやって体に栄養とったり、休めたりするんやな。」
 僕「体のケアの仕方は地域によって色々やね。」
 大「そういう意味では社長は両方やるからかなりグローバルやな。」(笑)
 僕「...どういう意味?」
  お後がよろしいようで
[PR]

by naraya_k | 2005-10-18 14:30

弱り目に祟り目   

 先週からどうも目の調子が悪かったので眼科に行った。診断の結果、流行性感染型結膜炎というものらしい。なんとただの結膜炎ではなくリンパ腺にも影響するものらしく昨日あたりから顔が腫れぼったい。母親には「太った?」と言われるほどむくんでいる。(まあ確かに痩せてはいないが)たかが結膜炎と思っていたら結構生活にも支障をきたしている。集中力はないしやる気はおきないし目はかゆいし触るといかんしもうどうしたらいいんでしょう?完治するには1ヶ月ほどかかるらしく当分おとなしい日々が続く模様。はあ、早く治らないかなあ。
 ついでに内の社員も風邪ひきさんが多く、業務も止まり気味。こういうときは早く帰って暖かくしてゆっくり寝ましょう。皆さんもくれぐれも風邪にはご用心を。
[PR]

by naraya_k | 2005-10-17 13:22

美味しい~!   

 僕は食べることが大好きなんですよ。で、結構職人さんからプライベートでお店情報を教えて?なんて電話がある。僕の情報はエリアは狭いがあんまり人の知らないような所が多い。そんな引き出しの中からイタリアンを一つご紹介。イルフの隣のアルベロ.ブルさん。なんだ隣かよと言われるかもしれないがチッチッチ!結構本格イタリア料理を楽しめます。ランチの時は待ち時間も必要かも。980円のパスタランチは安すぎるくらい。でもほんとにお勧め料理はお肉料理なんだなあ。レポーターの彦麻呂のように「イタリアンのIT革命やあ」とはいわないがかなり美味しい。マスターも気さくで面白いし昼でも夜でもいい時間がすごせる。イルフの社長の紹介と言ってもらえれば素敵な笑顔が見れるかも。(笑顔だけかよ…)
 
[PR]

by naraya_k | 2005-10-14 11:42

やっぱり現場だね   

 本日、現場監督君が出張のため僕がS様邸の現場管理をした。といってもちょくちょく現場には行っているのだが。改めて監督をしてみるとやっぱり現場は大事だね。よく「リフォームは何があるかわからない」というが今回の現場はまさにそのとうりだ。構造的に補強を大幅に行った。予算の都合もあるので完璧とはいかないまでもずいぶんと丈夫になったと思う。これで施主様も少しは安心して生活できるだろう。しかし、そう考えてみるとあの悪徳リフォーム業者っていうのはそのあたりのことわかって工事してるのかね?もちろんわかってないから悪徳なんだけど。まあ、早くそういう業者がいなくなることを願うし我々リフォーム業者もそういうシステムというか組合というものを作らなきゃだめだね。と、感じた一日でした。
[PR]

by naraya_k | 2005-10-12 23:34

‘やっとかめ‘になります   

 最近、「店主軽薄」と書きながら全然軽薄さが無いことに頭を痛めておりました奈良屋の社長でございます。結局何でも書きゃいいてことで自己解決しましたので今後は色々書いていきたいと思っています。
 さて、この間社員の藤橋とともに横浜へ出張に行きました。リニュアルさんというリフォーム店のセミナーです。大変勉強になり、オリジナルキッチンのデザインファクトリーもすごくしっかりしてて感動しました。当社としてもオリジナルkはやりたかったので早速お話させていただきたいと考えています。
 それにしてもリニュアルさんの社員さんはしっかりしてますね!当社の社員もなかなかいいですけどそれ以上ですね。僕はそっちの方に目がいってしまいました。前向きな姿勢といい、程よい緊張感といい、当社にはないものがありますね。やっぱりトップの差かなあ。まだまだ足らないところだらけの自分を感じた一日でした。
[PR]

by naraya_k | 2005-10-11 14:10